プロミスで5万円借りたい

プロミスで5万円借りる方法は?【無利息期間ってなに?】

photo76画像

 

今月はなにかと出費が多くてキツイなぁ

 

5万円ほど足りなくなるかも・・・

 

と頭を悩ませることってないですか?!

 

そんな時はプロミスのカードローンがおすすめです!

 

しかも、初めて借り入れする方なら、「30日間無利息サービス」を利用できますから、30日で返済できれば、全然金利を払わずにお金を借りる事ができますよ。

 

5万円なら30日間で返済するのも難しいことではないと思います。

 

また、30日間というのは、初回ご利用の翌日から30日間のこと。

 

ですので、契約だけしておけば、何かお金に困った時のためにすぐに使うことも出来ますよ。

 

しかも、プロミスは「瞬フリ」と言って最短10秒で口座に振込みキャッシングしてもらえる便利なカードローンなのです。

 

これから、プロミスの申し込み方法や借り方、気になる金利など詳しくご説明したいと思います。

 

矢印画像

 

プロミスで5万円を借りる方法とは?【即日で借りたい!】

photo77画像

そもそも、今までカードローンを借りたことがない方は、初めに何をして借りたらいいのか分からないと思いますから、そちらからご説明いたします。

 

プロミスで5万円を借りるためには、

 

申し込み

審査(在籍確認)

契約

借入れ

 

の流れで手続きが必要です。

 

まずはじめに、現金で5万円借りたいか、口座に5万円振り込んで欲しいか、で最短の借入れ方法が変わってきます。

 

  • 口座に振り込んで貰う→インターネット、電話から
  • 現金で借入れをする→ATM、窓口から

 

口座に振り込んでもらう方法を選択すれば、パソコンやケータイ、スマートフォンから依頼することで、最短10秒で指定口座に振り込んでもらえる、「瞬フリ」が利用できます。

 

とりわけ、三井住友銀行とジャパンネット銀行を指定口座に設定すれば、24時間365日最短10秒で振込みが可能なのです。

 

すぐにお金が必要な人には、断然、瞬フリで借りるのがおすすめです。

 

手数料も無料です。

 

また、その他の銀行を指定した場合でも、平日9:00〜14:50の間に依頼すれば、最短10秒で振込みが可能です。

 

ただし、14:50以降になると、翌営業日の振込みになりますので気を付けて下さい。

 

また、はじめて契約する時には、平日14:00までに完了すると当日振込キャッシングが可能になっています。

 

なので、土日の場合には振込みができませんので、お急ぎの時には窓口かATMでの借入れがおすすめです。

 

プロミスで借入をするためには、申し込みをしないといけません。

 

申し込み方法としては、

 

  • Web申し込み
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 窓口

 

があります。

 

この中で今一番利用されているのは、パソコンやスマホがあれば、いつでもどこからでも申し込みが出来るWeb申し込みです。

 

詳しく見ていきましょう。

 

矢印画像

 

インターネット申し込み(Web申し込み)

 

photo78画像

Web申し込みをすると、「振込み」と「現金借入れ」2通りの借入れ方法を選択することが出来ます。

 

また、24時間365日いつでも申し込みが可能。

 

プロミスホームページの【新規お申し込み】から申し込みましょう。

 

審査

 

審査結果の知らせが来る時間帯は、9:00〜21:00の間です。

 

また、審査には在籍確認というものがあります。

 

これは、プロミススタッフが勤務先に電話し、本当にそこで働いているのかどうか確認するものです。

 

在籍確認には本人が出る必要はなく、勤務していると分かる応対をしてもらえれば、無事に終わります。

 

ですから在籍確認をする事も考え、会社の営業時間内に審査を受けるようにしましょう。

 

審査合否の通知は、メールか電話で行われます。

 

矢印画像

 

契約

 

photo79画像

契約方法は、「Web」か「自動契約機・窓口」から選択できます。

 

Web契約を選んだ場合、【カードなしWeb完結!】か【カード発行】を選べます。

 

カードを利用しないメリットとしては、なんと言ってもプロミスで5万円借りていることが、周りや家族にバレにくいということでしょう。

 

振込みで借入れを行い、口座振替で返済をすることで、全てネット上で出来ます。

 

また、明細書などの郵便物も全く送られてきませんし、プロミスのカードを財布に入れておく必要もなくなるのです。

 

ですが、カードがないとATMが利用できません。

 

一方で、カード発行を選ぶと、数日後にカードが郵送されます。

 

もし利用するにあたって、やっぱりカードがないと不便だと感じた時は、窓口や自動契約機で発行してもらうことも出来ます。

 

自動契約機・窓口契約を選んだ場合、その場でカード発行をしてもらえます。

 

その時は念のために、本人確認の運転免許証かパスポートまたは健康保険証+住民票などを持参して行くといいでしょう。

 

借入れ

 

【カードなしWeb完結!】を選択された場合には、パソコンかスマートフォンから会員サービスにログインして、簡単な手続きを行うことで、振込キャッシングができるようになります。

 

最短10秒で指定された口座に希望金額が振り込まれるようになっています。

 

【カード発行】を選択された場合には、自動契約機の近くに併設されているプロミスATMか三井住友銀行ATM、コンビニなどの提携ATMで借入れができます。

 

プロミスATMの利用時間は、7:00〜24:00の間となっています。

 

三井住友銀行ATMの利用時間は、0:00〜24:00。

 

ただ、現金を引き出す場合、下記の時間は108円の手数料がかかりますので、ご注意ください。

 

平日
  0:00〜 8:45
  18:00〜24:00

 

土日祝日
  0:00〜24:00

 

また、カード発行を選択したとしても、後で会員登録をすれば「瞬フリ」を利用することも可能です。

 

矢印画像

プロミスで5万円借りた場合の金利と利息は?

photo80画像

プロミスの金利は、年率4.5%〜17.8%です。

 

ですが、プロミスでは初めて借り入される方なら「30日間無利息サービス」を利用できますから、30日間で完済できるのなら金利0%・利息0円で借りることができます。

 

もし、2回目以降に通常金利で5万円借りたい場合を考えてみましょう。

 

5万円を金利17.8%で、毎月5,000円ずつ返済していくと11ヵ月かかり、利息は4,521円になります。

 

これを、金利17.8%で毎月20,000円ずつ返済していけば、たった3ヵ月で完済し、利息も1,362円になります。

 

4,521円−1,362円=3,159円

 

というように、同じ金額を借りたのに返済が遅いと3,159円も差が出来ました。

 

プロミスでは、繰上げ返済や一括返済も出来るようになっています。

 

早く返せば返した分だけ利息は少なくなりますから、無利息期間で返しきれなかった方も出来るだけ早く返済するようにしましょう。

 

矢印画像

プロミスで5万円借りる?【よくある疑問とその回答】

photo81画像
プロミスでは繰上げ返済もできますか?また、どのようにすればいいですか?

はい。繰上げ返済も可能です。返済できる時にこまめにしておくと元本が減りますから、その分利息を払う額も少なくなります。繰り上げ返済の方法は、その月の最低返済金額以上なら普段と同じ方法で入金が出来ます。5万円借りる場合の最低返済額は2,000円ですので、それより出来るだけ多く返していくようにしましょう。

 

プロミスの金利は4.5%〜17.8%ですが、5万円借りる場合には何%になりますか?

プロミスで初めて借り入れする場合には、金額に関係なく、ほぼ17.8%が適応されます。ただ、現在は「30日間無利息サービス」を実施していますので、うまく利用すれば金利0%で借りられるでしょう。

 

プロミスの返済額を減らす一番の方法は何ですか?

プロミスの返済額を減らす最も良い方法は、できるだけ早く一括返済することです。しかも、プロミスの利息は日割りで計算されます。ですから、30日後に返済するより、翌日に一括返済する方が利息は少なくて済みます。ですが、それは難しいと思いますから、出来るだけ早く一括返済するか、繰上げ返済を出来る時はするようようにしましょう。

 

プロミスの返済方法の残高スライド元利定額返済方式とはどんな返済の仕方ですか?

残高スライド元利定額返済方式とは簡単にご説明すると、借入額に応じて毎月の最低返済額が増減する返済方法です。よく聞く、リボルビング払い(リボ払い)はどれだけ借入れ額が増えても、毎月の返済額が一定に決まっている返済方法です。残高スライド元利定額返済方式は、借りた分だけ返済額も上がりますから、リボ払いよりも大変ですが、返済期間も短くなり、利息も少なくて済むというメリットもあります。

 

プロミスの30日間無利息を利用していて、返済日を忘れてしまったらどうなりますか?

無金利期間中であっても、プロミスには1ヵ月の最低返済額が決められていますからその分は絶対に払う必要があります。それを忘れてしまうと、プロミスから電話連絡が来るでしょう。そして場合によっては、遅延損害金が発生することもあります。遅延損害金は最高で20.0%にまでなりますから、絶対に返済日は守るようにしてください。

 

矢印画像

プロミスの審査基準は?【審査時間ってどのくらい?】

photo82画像

プロミスの審査基準はどうなっているのでしょう?

 

まとめてみました。

 

プロミス審査基準

  • 満20歳〜69歳までの方
  • 安定した給料が毎月ある方
  • 信用情報機関に金融事故の記録がない方
  • 年収の3分の1以上の借入れをしてない方
  • 今回プロミスで借入れすると融資総額が年収の3分の1以上にならない方

 

ちょっと、聞き慣れない言葉や意味が分かりにくい表現がありますのでご説明します。

 

満20歳〜69歳までの方

 

プロミスでは、満20〜69歳までの方しか借入れが出来ないことになっています。

 

申し上げにくいのですが、未成年の方と70歳以上の方は、他の条件をいくら満たしていても諦めるしかありません。

 

安定した給料が毎月ある方

 

プロミスで融資を受けるためには、「安定した給料を貰っているか」ということがすごく大事です。

 

ですから、無職の方や専業主婦の方も借入れすることはできないことになっています。

 

「安定した」というのが特に大事らしく、パートやアルバイトなど月給が少なくても、同じ職場で長期間働いていれば、審査に通ることは十分に考えられます。

 

信用情報機関に金融事故の記録がない方

 

信用情報機関というところを初めて聞いたという方も多いかもしれません。

 

信用情報機関とは、消費者のクレジットやローンについての信用情報、例えば、個人の属性や契約内容、支払い状況、残高などを、収集して管理する機関です。

 

そして、ローン会社は審査を行う時、その人物の信用情報を閲覧し、審査の判断材料にすることが出来るのです。

 

その中に、金融事故情報というものが載っているとほとんどの場合、審査に通ることはできません。

 

金融事故情報というのは、長期滞納、代位弁済、債務整理、強制解約などです。

 

代位弁済は、返済が難しくなると保険会社が支払いを立て替えてくれる事です。

 

しかし、ローンは免除されたわけではなく、今後は保険会社に返済していくことになります。

 

債務整理というのは、合法的な方法で、返済額を抑えたり、免除したりすることです。

 

これらの記録は最長5年で削除されますが、現在自分が掲載されているか分からないという方もいるでしょう。

 

信用情報はパソコンやスマホなどからも開示依頼も出来ますから、プロミスが加盟している信用情報機関、株式会社日本信用情報機構と株式会社シー・アイ・シーに問い合わせてみましょう。

 

矢印画像

 

年収の3分の1以上の借入れをしてない方

 

photo83画像

プロミスでは、総量規制といって「年収の3分の1以上の借入れは出来ない」と法律でしっかり決められています。

 

ですから、他の会社ですでに3分の1以上の借入れがある方は、残念ながら5万円はおろか1万円でも借りることはできないでしょう。

 

今回プロミスで借入れすると融資総額が年収の3分の1以上にならない方

 

総量規制は、今から借りる場合でも適応されます。

 

現在は年収の3分の1に達してないとしても、今回プロミスで借入れすることで3分の1以上になってしまうという方も、借入れができません。

 

プロミスの審査時間は?

 

プロミスの審査時間は業界の中でも最速で、申し込みをして審査結果が届くまで最短で30分ほどだそうです。

 

しかし、それも個人差があり、人によっては1時間以上かかってしまうこともあります。

 

また、審査結果が出る時間帯は、9:00〜21:00までとなっています。

 

これ以外の時間帯で申し込んでも審査できませんので、その分遅くなってしまうでしょう。

 

さらに、申し込み内容に問題がある場合や在籍確認が上手く取れなかった場合でも審査時間が長くなる原因になります。

 

矢印画像

プロミス審査に通るコツはある?

photo84画像

プロミスで5万円借りるためには、絶対に審査に通らなければいけません。

 

では、プロミス審査に通るコツというものはあるのでしょうか?

 

申込書に嘘を申告しないこと!

 

審査に有利になると思って、実際より勤続年数を長くしたり、年収を多くしたり、また他社借入額を少なくしたり、というような嘘は付かないようにしましょう。

 

審査を受けると、このような嘘はすぐにプロミスにバレてしまいます。

 

そして嘘を付く人物を信用できるはずもなく、審査に落とされてしまいます。

 

プロミスの審査に落ちてしまうと、他のローン会社の審査を受けたとしても、信用情報機関で落ちたという情報が行き渡っていますから、どこの審査にも通らなくなってしまいます。

 

ですから絶対にしないようにしてください。

 

申込書に誤字や脱字、入力ミスをしないこと!

 

嘘を付いた時と同じで、誤字脱字、入力ミスがあった時も審査に落ちてしまうので注意してください。

 

故意に嘘を付いて落ちてしまったとしたら仕方がないことですが、そのつもりがないのにうっかり間違って入力し落ちてしまったら、落胆してしまいますよね。

 

そうならないためにも焦らず入力し、申し込む前にもう一度確認しておきましょう。

 

複数社に同時に申し込みをしないこと!

 

プロミス審査に落ちてしまった時のことを考えて、他のローン会社にも同時に申し込みをしてしまいたくなるかもしれません。

 

ですが、こちらも信用情報機関を通して、複数社に申し込んでいることが知られてしまいます。

 

いろんなところに申し込みをしていると、不審に思われプロミスだけではなく、全ての審査に落とされてしまう可能性もあります。

 

まずはプロミスの審査に集中するようにしてください。

 

希望限度額を出来るだけ低くすること!

 

プロミス審査では、希望限度額を入力するところがあるのですが、できる限り低い設定にしておく方が審査に通りやすくなります。

 

借入額が低い方がプロミス側としても貸しやすいからです。

 

今回は、5万円を借りるということですので、5万円で申請しておきましょう。

 

矢印画像

プロミス審査を受ける時の必要書類は?

photo85画像

プロミス審査を受けるために、必要書類があります。

 

必要書類は審査を申し込んでから用意するよりも、申し込みをする前に用意しておく方がいいでしょう。

 

本人確認書類(いずれか一点)

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

 

また、外国籍の方はこれ以外に

 

  • 在留カード
  • 特別永住者証明証

 

のどちらかもご用意ください。

 

マイナンバーが掲載されている書類の場合には、見えないように加工して提出してください。

 

また、本人確認書類の住所と今現在お住まいの住所が違う際には、下記のものも中から一点だけご用意ください。

 

  • 国税や地方税の領収書、あるいは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電気、水道、ガス、NTT、NHKなど)
  • 住民票の写し、もしくは住民票の記載事項証明書

 

これらは発行日から6ヵ月以内のものにしてください。

 

収入証明書類

 

プロミスでは融資額に応じて収入証明書類の準備も必要です。

 

  • プロミスでの融資希望額が50万円を超える場合
  • プロミスでの融資希望額と他社で借りている金額の合計が100万円を超える場合

 

今回は、プロミスで5万円借りるということですから、もし他社から95万円以上の借入れをしているなら、下記の書類から一点を用意する必要があります。

 

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書書(直近2ヵ月分、あれば1年分の賞与明細書)

 

矢印画像

プロミスで5万円を借りるメリット・デメリットとは?

photo86画像

プロミスで5万円を借りる前にメリットとデメリットもきちんと確認しておきましょう。

 

プロミスのメリット

 

  • 初回限定、30日間無利息サービス
  • 会員限定の優待サービスがある
  • Web完結なら申し込みから借入れまでネットで出来る
  • 最短30分審査、最短1時間融資が可能
  • 完全カードレス取引可能、郵便物もなし
  • 瞬フリなら最短10秒で振込みキャッシング

 

これまでにご説明したものもありますが、もう一度見ておきましょう。

 

初回限定、30日間無利息サービス

 

こちらが、プロミスで5万円を借入れする際の、一番のメリットになるでしょう。

 

借入れした翌日から30日間利息0円で借入れが出来ます。

 

このサービスを最大限に活かす為には、30日以内に5万円を返済することです。

 

次の給料が出れば返済できるという方も多いと思いますので、それまでの繋ぎとして使うのもいいですね。

 

会員限定の優待サービスがある

 

プロミスには、会員になれば受けられる優待サービスがあります。

 

ここでは書ききれませんが、国内外で20万ヵ所以上の施設が割引価格で利用できた入り、レジャー、グルメ、ホテル、日帰り温泉、レンタカーなどの料金が最大で80%OFFになったりするお得なサービスです。

 

利用するためには、ホームページより会員登録が必要ですので、契約した後に、ぜひ
ご登録ください。

 

Web完結なら申し込みから借入れまでネットで出来る

 

プロミスは、パソコンやスマホがあれば、24時間365日申し込みが可能で、審査も土日祝日関係なく、9:00〜21:00までの間なら受けることが出来ます。

 

そして、借入れもWebで依頼すれば指定口座に振り込んでもらうこともできます。

 

外出することができない時でも自宅にいながら借入れが出来るのは助かりますね。

 

ただ、土日に振込みをして貰うには、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座に振り込んでもらうように設定する必要があります。

 

他の銀行だと振り込んでもらうのは、翌営業日になってしまいます。

 

また、返済も口座振替にすればネットですることができるのです。

 

最短30分審査、最短1時間融資が可能

 

プロミスは審査が早いことで有名な会社です。

 

最短なら審査は30分、1時間後にはお金を手にすることもできます。

 

急いでお金が必要になってしまったという時でも用立てることが出来ますね。

 

完全カードレス取引可能、郵便物もなし

 

プロミスでお金を借りてるというのは、職場や周りに知られたらやっぱり恥ずかしいですし、家族にはお金が足りないなんて余計な心配をかけたくないかもしれません。

 

プロミスを利用していることがバレてしまう原因は、プロミスカードを持っているところを見られる、またはプロミスから郵便物が届いて見られる、ことが多いでしょう。

 

ですが、プロミスではカードを作らずに、ネットで借入れや返済が出来てしまうシステムがあります。

 

また、明細書などもネットで確認ができますからぜひ利用してください。

 

瞬フリなら最短10秒で振込みキャッシング

 

瞬フリは、パソコン、スマホを使って操作すれば、最短10秒で口座に振り込んでくれるとても便利な借入れ方法です。

 

特に三井住友銀行とジャパンネット銀行に振り込んでもらうようにすれば、24時間365日いつでも、最短10秒で振り込み可能。

 

お金が必要な時に、すぐに借りることが出来ます。

 

ただし、この他の銀行だと、依頼は24時間出来ますが、振込みは下記の時間にしかしてもらえません。

 

その他の銀行の振込み時間

 

月〜金
 0:00〜 9:00  当日9:30頃振込み
 9:00〜14:50  受付完了後、10秒程度で振込み
14:50〜24:00  翌営業日9:30頃振込み

 

土・日・祝日
 0:00〜24:00   翌営業日9:30頃

 

矢印画像

 

プロミスのデメリット

 

photo87画像
  • 金利はあまり低くない
  • 年収の3分の1以上の借入れができない

 

金利はあまり低くない

 

プロミスは、他の金融機関と比べて金利が低い方ではありません。

 

ですから、できるだけ低い金利で借りたいという方には向いてないでしょう。

 

しかし、初めてプロミスで借入れを行う方なら、30日間無利息サービスを利用できますので、30日の内に返済できるのなら金利を気にする事はないでしょう。

 

プロミスでは、一括返済や繰上げ返済をすることもできます。

 

2回目以降に借りる時は、それらを利用して出来るだけ早く完済するようにするといいでしょう。

 

完済が早ければ早いだけ、利息が少なくなります。

 

年収の3分の1以上の借入れができない

 

プロミスの二つ目のデメリットとして、年収の3分の1以上の借入れが出来ないということがあります。

 

今回は5万円借りる場合を考えていますので、あまり関係がないかもしれませんが、いつまとまった金額が必要になるか分かりません。

 

そんな時、年収が300万や500万などそれなりにある方はいいのですが、パートやアルバイトの方は、希望金額まで借りられない場合があります。

 

ですが、年収の3分の1以上の借入れをすれば、その後の返済も大変になってきますので、そのぐらいの金額が丁度なのかもしれませんね。

プロミスカードがおすすめな理由

金利

限度額

融資までの時間

4.5%〜17.8%(実質年率)

1〜500万円

WEB契約で最短即日

  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • 借り入れシミュレーションで事前確認OK♪
  • 実質年率が低い

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

矢印画像