プロミスは審査厳しい?

プロミスの審査は厳しい?審査基準は?

イメージ画像

カードローン、キャッシングを考えている方にとって気になるのが「審査の厳しさ」「審査基準」ではないでしょうか。

 

各消費者金融によって、これらは異なっているのですが、基本的には同じような項目となっているらしいです。

 

ただ、審査基準については公表されていない為、契約時に記入する項目からの憶測とはなってしまいますが、一応参考になればと思いますので、以下に記載しておきます。

 

審査基準で最も大事な項目について

プロミスが融資希望者のどこを見るかと言いますと「返済能力」となります。貸したお金がきちんと戻ってくるかというのがポイントなわけですね。ですので年収年齢が真っ先に確認されます。それと同時に、現在勤めている会社への勤続年数住まい(賃貸の場合は居住年数)も確認されます。

 

こういった細かい項目を見ながら「個人の返済能力」を算出していくわけです。これによって「融資可能」と判断された場合は審査通過となり、お金の借入をすることが可能となります。

 

プロミスの審査の厳しさはどうなっている?

過去、他業者で融資を断られた人だと「少しでも審査の甘いところへ…」と考えると思います。

 

では、プロミスはどうなっているのでしょうか。残念なことに厳しいとも甘いともいうことは出来ません。なぜなら、消費者金融によって審査の甘い厳しいは正確には存在していないからです。

 

審査に申し込んだ時のその人の返済能力によって進められていくので「会社側」ではなく「契約希望者」のステータスが大事になっています。

 

ですので、過去に審査に落とされていても、その当時よりもローン残高が少なくなっていたり、年収がアップしていれば同じ業者でも審査に通ったりもします。

プロミスカードがおすすめな理由

金利

限度額

融資までの時間

4.5%〜17.8%(実質年率)

1〜500万円

WEB契約で最短即日

  • 30日間無利息サービスあり※
  • 来店不要で即日回答
  • 3項目で3秒診断!
  • 借り入れシミュレーションで事前確認OK♪
  • 実質年率が低い

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

矢印画像