プロミスの審査が厳しいのかと不安に思っていませんか?

プロミスの審査ってどう?厳しいですか?
■HOME

プロミスの審査ってどうでしょうか?

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社やプロミスなどの消費者金融などがあります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でプロミスでのキャッシングサービスも行っています。

これに対してプロミスみたいな消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

レイクやプロミスといった数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがプロミスのカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度プロミスみたいなカードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行法とは異なります。金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちはプロミスのような消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

プロミスなどの消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。消費者金融のプロミスでのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、プロミスなどの消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

プロミスなどの消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。消費者金融のプロミスでのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

プロミスの審査であっても同様です。プロミス審査は通りやすいとか厳しいとか口コミは様々です。利用条件から外れているといくらプロミスでも審査には落ちてしまうでしょう。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるキャッシングローンです。毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなのでプロミスみたいな消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

人気が高いプロミスみたいな金融機関の理由は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

それよりも、プロミスのように手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近年は銀行でもプロミスのようなカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもあります。

ですから一概にプロミスみたいな消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

メニュー

Copyright (C) 2014 プロミスの審査ってどう?厳しいですか? All Rights Reserved.